スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

寿司職人

カワハギは美味い。でもお刺身ばかりでは飽きる。握りが喰いてぇが、過去トライしたものの、手がご飯だらけになっただけの苦い思い出が・・・。
で、タカラ製の「寿司職人」なるしゃり製造機をヤフオクで落札。
PB090056.jpg

上部に酢飯を入れて、右のハンドルをぐるぐる回すと・・・あ~ら、簡単にシャリの出来上がりだ。
PB090057.jpg

で、カワハギの切り身と肝を乗せると、うふっ、握りのできあがり。すげぇ簡単。で、美味い。画面左はアマダイね。
この「寿司職人」、現在では製造中止で入手困難。釣り人必携の「釣り道具」だと思うのだが。是非、シマノなりダイワで販売していただきたい。売れると思うのだが。
susi.jpg

最近では近所の市場で魚を購入し、仲間を集めてぐるぐるしている。魚の切り身と酢飯の組み合わせ、誰が考えたのだろう。至極だ。




スポンサーサイト
 
 

カワハギ釣り

1月2日の不漁、納得できずに10日も海楽園に駆けつけた。
駐車場はがらがら。おぉ空いてる。
って、時化で出港できず。ort  
せっかくなので、アサリ剥きを見学。
P1100001.jpg

その後毎週末に低気圧通過といった状況で、2月7日にやっと海楽園から出港だ。常連のS田さん、ほか良くお目にかかる凄腕さん達も乗船。今回は極鋭はお休み、自作の竹竿が先発。海中での餌の動きをよーく考えてみた。自分は初心者で竿の微妙なアクション操作が未熟である。なのでオーバーアクションでも実際には微小な動きになるであろう「らいじん作」がよいのでは?と考えたわけね。
で、釣れた。激渋で義兄は3匹、あたし12匹。「らいじん作」のチョイスに軍配があがったわけだ。
28.5cm。あたし的には最大級。
P2070004.jpg

帰りに近くの佐島港に立ち寄って、この時期の超目玉である「新ワカメ」を購入。これで200円。
さっと湯通しすると鮮やかな緑色になって、歯ごたえのあるワカメサラダが完成。
P2070009.jpg

カワハギと秋刀魚の握り、ワカメサラダで乾杯!
P2070012.jpg

今期最後の予定であったが、あまりにも貧果であった義兄は「泣きのもう一回」を申し出てきた。
ふふっ、当然お受けいたします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。