スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

また見つけたぞ、極上の渓

義兄と「今年最後ね」ってことで山形県へ出かけた。
いくつか入渓予定があったんだけど、前日夜半からどしゃぶり。朝起きてみると川は増水しカフェオレ色。
あたしはがっくりだぁ。んが、義兄の目には怪しい光がめらめらと。そーだ、やろうは基本餌釣り師だ。
このままやろうの言いなりになって、こんなカフェオレにフライ流すなんてまっぴらごめんだ。
で、すかさず提案したのね。「あの渓」、やってみない?

実は6月頃、ふと見つけた「貧相な渓」。道路から見ると水は流れていないし、ちょっと奥をのぞいても、平らなチャラ瀬がちゃぷちゃぷと続くだけ。そのとき「貧相な渓好き」のあたくしたちは100mばかり奥まで遡ってみたわけだ。したら型は小さいものの、おなかのまっきいろな綺麗な岩魚が何匹か釣れた。あたしたちのその渓に対する評価は「極上」であったが、当日はもっとでかい岩魚の棲む渓を予定しておったので探索はそれまでとした。
その後、夏がどっと訪れ、どこも渇水状態であるからして、その「貧相な極上の渓」のことはどたまからすっぽぬけておったのだった。

あたくしの提案を受け、義兄は「カフェオレ+ミミズコース」と「貧相極上+フライコース」を天秤にかけておったが、「昨晩の雨なら、貧乳は相当曝乳になってるんじゃないかぁ」のひとことで、ダイナマイトボデエ好きな義兄はあたくしの意見を呑んだ。曝乳ときいた義兄の目は充血し異常な光が宿っておる。
なんでもいいけどよかったよかった。

ってことで、まだまだ暑いけど、どこかすこーしだけ遠くになった空の中、乳渓したのだった。
septyamagata1.jpg


普段が貧相なだけに豪雨翌日もこんな流れなんだけど、岩魚はやる気満々だ。前回遡ったところからしばらく行くと、こんな小さなゴルジュ帯が続く。
septyamagata2.jpg

乳渓からしばらくは、こんなサイズがわんさかと出た。沢に居ついた岩魚と本流から遡上した岩魚が混ざっている。みなさん、えっちの季節なんですな。
septyamagata3.jpg

ずんずん遡行するとやがて開けてくる。段差のある渓を予想してたんだけど結構フライ向きだ。
こんな小さな渕?にも数匹の岩魚が遊んでる。
septyamagata4.jpg

2時間も歩くとだんだん型が良くなった。すでに8~9寸サイズばかり。入れ食いよ。
septyamagata5.jpg

で、これはちょうど30cm。
septyamagata6.jpg

3時間以上遡行して、国土地理院の1/25000地形図にも無い二股。稜線が見えてきた。
手分けしてそれぞれ50mばかり探索してみた。左の方が型が良いな。でも見上げる空は雲が流れ時折雨が降る。
帰りにはゴルジュ帯もあるしエスケープルートがあるわけじゃない。しかもかなりちょーしこいて釣り登ってきてしまった。こういう状況は「帰ろう」なのである。事故はいかん。おねーちゃんと飲んでたって終電で帰れば事故は起こらない。良い子はみんなそーしてるのだ。
septyamagata7.jpg

ということで、今年最後のFF(仮)はぜっこうちょーで終わったのであった。

業務連絡:新弟子さん、行くなら行きましょう。どこいくかね?

と言いつつ、カワハギの仕掛購入リストを作成中のあたくしであったのだ。


スポンサーサイト
 
 

第四回アングラーズクラフト展 夕方から夜にかけてのおばかさん

岩手宮城内陸地震の当日、我々は震度6強を体験したわけだが、なんの情報もないままイベントを続行した。鬼首へのアクセスはどうしても山間部を縫うような道を利用する。狭い崖地帯も通過する。帰るにしても我々は震源地に近いがゆえになにも情報が入ってこないため、二次災害の危険もある。

手元にはキャンプ道具一式がある。そんなわけで広い校庭で過ごすことが最善策と考えた。まっ、根っからが変態のおばかさん達なので、結局はたのちいキャンプ生活とあいなった。



その日の朝。震源地に近い渓で朝を迎えた。地震の予兆はさっぱりない。が、義兄がめずらしく早上がりしようとのたまった。珍しい。





余震が続くなか、トーナメンターたちのディスタンスキャストのデモ。

まぁかぁーるく70mの飛距離な。





キャンプと追えばBBQ。炭火おこしに提供した乾燥した丸竹。不合格な竹とはいえ、ちっとかなすい。が、良く燃えるぞ。





まぁ、街からはだぁーれもこない完全身内イベントにつき明るいうちからBBQモードだ。

このグループは日本キャスティング協会のメンバーさんと、みちのくキャスタァー。

飛ばすだけじゃなく、渓でのラインコントロールもスバラシイ。

ここへ来る前に、荒尾川で地震と遭遇。ひどい揺れだったらしいが。





こちらはプロのビルダーさんたち。お客さん来ない。飲むしかない。





余震の続くなか、いよいよ夜の宴会モード。

酔っているのか余震なのか。





こちらはキャスティング談義か? おねーちゃん関係の話題かは不明。





愛犬しじみ号のスペシウム光線。





仕上げはお約束の焼きそば。余震はあいかわらず。





帰路、鬼首から古河ICまでは、何事もなく通過。後で知ることになる甚大な被害などまったく気付かず山形県置賜地方の常宿へ。TV見たらとんでもない地震であったことを把握。

でも釣りに。尺岩魚は健在だな。





このあと飯豊白川に転進したら、飯豊震源の震度3地震に遭遇。すぐに渓を後にしたけど。被災された方々からみれば不謹慎なイベント続行であるかもしれないけれど、ホント何も情報が無い状況では、こうするしかなかった。

この地震で感じたことは、いかなる準備をしても地震の時に生きているかどうかは分からないってこと。ひどい揺れに遭遇した時にはなにもできない。今回は、たまたま建物が倒壊しなかっただけ。

しかし、激震後、生きていた時に役立つものは、テント、寝袋、水、食料、燃料、電池など、ってことを痛感した。このような装備を用意することが生き延びた時に重要ってことだ。余震あっても校庭はとても安全な場所だった。





 
 

第4回アングラーズクラフト展 その2:お昼のおばかさんたち

奇しくも今回のクラフト展は震度6強の激震に見舞われたのだが、誰一人退散することなく予定通りイベントを開催した。つーか、テレビもなく何の情報も入ってこない午前9時、余震はあるものの校庭は広い。食料、水、燃料、お酒、テント、寝袋、乾電池などなど被災した際に必要なものは全部揃ってる。





校舎内は危険なので校庭に展示ブースを作って来場者を待つ。だぁ~れもこねーだろと思いつつ・・・。







らいじんのブース。丸竹ロッド完成品のほかに、ご来場者さまのご希望があれば火入れや矯めの講習を行う予定でおる。が、だぁーれもこねえ。







同行した義兄はビリヤードキューの超凄腕職人である。あたしの影響を受け真竹を使ったキューを作った。世界初。バンブーロッドビルドと共通する部分もあるので、ついでに展示した。が、もちろん誰も来ない。







おぉ、火入れ体験希望者が。イベント関係者ですが、何か?

この人、07’シングルハンドディスタンス日本チャンプの大根田さん。

火入れ・矯めは勝手がちがう様子。



p>





ご存知、バンブーロッドメーカーの重鎮、HIRAO RODの平尾さんの火入れ。

バンブーロッド製作に当たって、さる江戸和竿師のもと、火入れと矯めを習得したそうで、さすがでした。







少々の揺れにはすっかり慣れてしまった「おばかさん」たちであった。
 
 

第4回アングラーズクラフト展  その1:岩手・宮城内陸地震と遭遇

はじめに。今回の震災でお亡くなりになった方々のご冥福と、被災された方々が一日も早く日常の生活に復帰されることをお祈り申し上げます。



アングラーズクラフト展は、主に東北地方を中心としたロッドビルダーによる作品の展示&交流会で、今年で4回目を迎えます。昨年、「よろずや斉藤商店」さんのお声がけで、私も昨年からアマチュアとして参加させていただいております。

今回は宮城県大崎市鳴子温泉鬼頭にある鬼首中学校(廃校)での開催。

そう、岩手・宮城内陸地震の震源地から直線距離で約20kmの地域です。



開場は10時の予定で、私達は8時30分頃から設営に取り掛かりました。展示用の机を運んでいる時に地震が発生しました。そこで震度6強を経験することになります。



先ずは経験した事のない「ゴーォー」という音。ジェット戦闘機がアフターバーナーを焚いて急上昇していくような不快な騒音。今考えればこれが山鳴り。

2秒か5秒経過した後、激しい上下の振動。地震!と思った瞬間、とてつもない横揺れに襲われました。私は木造校舎の廊下に居たのですが、窓の外では杉の大木が、信じられない振幅で揺れています。揺れは激しく、逃げ出すなんて不可能でした。建物は異常に傾き、立っていることができないというより跳ね飛ばされるように廊下に転がっていました。「次の傾きで倒壊、死ぬんだなー」というのが唯一のイメージです。



幸い校舎は倒壊することなく、揺れがやや収まった時に、やっと見つけた戸から校庭に飛び出しました。その時点でも地面が大きくうねり、周辺の木々が大きく揺れている異常な状況でした。うねりのある海に浮かんだ小船に乗っている、これがそのときの印象です。

そのときにデジカメの動画で撮影した映像です。激震から数分経過した時点の状況であると思います。時間経過が把握できていません。





地震があった時に川で釣りをしていたメンバーによると、水面が泡立つように波立ち陸に上がろうと思っても動けず、膝程度の水深での立ちこみで「溺れる!!」恐怖を味わったそうです。土手を登ろうにも崩壊。あり地獄状態。そして、川が濁ったとのこと。上流から濁り水が流れてくるのではなく、足元からざわざわ濁ったとのこと。近くの荒尾川を見に行くと写真のような濁り状態でした。激震から5時間後の状況です。





激震が過ぎ去ったあと、校舎をみて倒壊しなかった理由がわかりました。屋根が鋼板製だったこと。もし瓦であったら、まちがいなく倒壊し巻き込まれていたと思います。瓦の家には住むまいと思いました。

そんな状況ですが、実はテレビもラジオもない現場では震度4とか5とか激しい余震の残るなか、校庭に展示場を設え、来場者を待つといった能天気ぶりを発揮しております。

でも、あわてて山から下りるのも危険なんです。余震は大きいし、道中は崖が多く、崩壊地の補修工事中のところがあったりして、むしろ広々とした校庭にいたほうが安全であるとの判断でそのまま留まることにしました。宴会用の食料&アルコールは充分持ち込んでいるし。

ただ昼ごろから繋がるようになった携帯電話には、各自の家族、友人、知人からの安否問い合わせが盛んになり、その情報をまとめると「大変な状況」にあることがわかってきました。

結局「内輪」の展示会になってしましましたが、この状況は明日にでもアップいたします。



翌日の夕方、コンビにで見た新聞の写真で甚大な被害を知りました。渓が飲まれている。ここに釣り人がいたんだろうと思うと、決して他人事ではありません。

合掌。

 
 

石徹白フィッシャーズホリデー

6月7~8日に開催されたイベント。例年の「丸竹倶楽部」で参加。でも倶楽部員はあたしと「窓際の釣り人さん」2人。ちとさびしいぞ。

この時期に2日間とも晴れた。来週の宮城のイベントも晴れだったら、あたしの「晴れ男」確定。



会場はスキー場。愛犬しじみ号もフリーでお散歩。満足です。






開会式。村長さんのご挨拶。朴訥と。

同席する佐藤成史氏、岡田裕師氏、榊原正巳氏、石垣尚男氏、いずれも魚から言わせれば「痛い人達」。達人です。









夕方、ちょこっと釣りしてみた。

魚はあちこちたくさんおる。C&Rってすごいね。でも結構高学歴の魚が多くて苦戦だ。






しの坊も闇がせまる流れに立ちこんで・・・このあとでかいのにひったくられていた。









翌日も好天。先ずはコーヒータイムでしょ。

しの坊、無糖さん、としさん、浜兵さん。みなさん品川和竿「浜川」に縁のある方々。「丸竹倶楽部」というより「浜川倶楽部」だな。







そんなドピーカンの日中、短い区間で釣りまくる佐藤成史さん。おそるべし。





来週は宮城県でのアングラーズクラフト展。しの坊、来るでしょ?

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。