スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

さて、「ひなみ」とかの話 その1

さて、またまたブログ更新を怠っていたわけであるのだが、ふふっ、「ひなみ」について深ぁ~く考察しておったのじゃよ。このためドライオンリーで二十数年過ごしてきたあたしは、昨年からウェットフライやニンフをフライボックスに忍ばせるようになった。

ここ7年ぐらい、餌師である義兄と基本ドライフライFFの私で釣り歩いている。
お互い強烈なライバル心を持っているので、釣果に大きく影響するその日の「ひなみ」が気になる。渓は放流されていないような山奥の貧相なところが多いので、スレているなど人のプレーっシャーはあまりないと思う。

傾向を簡単に整理すると、あたりまえだが次の通りになる。
①ミミズ最高:ドライフライ最高
②ミミズ最高:ドライフライさっぱり
③ミミズさっぱり:ドライフライ最高
④ミミズさっぱり:ドライフライさっぱり
このような状況が一日中続くこともあれば、時間帯によって入れ替わったりもする。
餌釣りに関してはもう少し細かく分類でき、ミミズ:川虫:ブドウ虫類など餌によって活性が違うことも多いけど。これを傍でみていると、とても面白いし示唆に富んでいる。よい子のFFのみんなは餌師と仲良くね。


①のような状況であれば「いいひなみだねぇ」などを和気あいあい釣りのぼる。ただし魚は淵尻や瀬などに出ているので、まずFFで。流芯の泡のなかや巻き込みなんかを餌で釣る、といった分業制で平和な時を過ごすことができるわけだ。

②の状況が一番イヤぁん。帰りの車中、義兄の高笑いが聞こえる。
・午前の早い時間帯なら、ドライで辛抱。日によって10時頃からとか午後一とかにひなみが変わってドライにも反応がでることを期待する。で、ひきつった笑顔で義兄の餌で釣れてくる魚を観察するのだ。

・以前、黒いイワナと白いイワナってことを書いたことがあるけど、餌で釣れてくるイワナがすべて黒い(錆びたまま)の場合、FFを諦めるっきゃないな。こいつらは岩の中にもぐったまま、目の前にくる餌だけを食っている。白いイワナは全くやる気がないということ。または季節がちょっと早くて白いイワナがいないってことだ。飯豊の山奥なんか、お盆の時期でも雪代が入るので、黒いイワナだらけだ。水中をフライで狙う場合でも、白いイワナがやるきがなきゃだめだ。
そりゃフライにウェイトかましたり、おもりくっつけて巻き返しの岩の奥までフライを流せればいいのだろうけど、あたしにはできないし、面白くもない。そんな日は、きっとどこかにいるであろう白いイワナを求めて、ぴたぴたとフライをたたきながら義兄の後をとぼとぼ歩くしかない。釣れない言い訳を考えながら。

・さてドライには反応しないけど、餌で白いイワナが釣れてくるってとき。このような状況はFFにとっての正念場なのだ。
どーすんのよ、ってことについては次回。
スポンサーサイト
 
 

急げ!ヤフオクに「寿司職人」が出品されておる

カワハギ釣りの記事を先ほど書いておったのだが、記事に毎回でてくるタカラ製「寿司職人」はすでに絶版している。あたくしも絶版後にヤフオクで購入したのだが、その後どーなったか見てみた。

でてるぞ、「寿司職人」。5000円。入札者ゼロ。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f96519799

出品者のまわしモンではないが、あたくし的には海釣りの必須タックルだと断言したい。立派な「釣り道具」である。なぜダイワやシマノが販売しない。本日の日経夕刊にも、寿司職人見習いのための来日が増加って書いてあったが、絶版にしたタカラも復刻を目論んでいるにいるに違いない。かっぱ橋に置いとけば売れるに違いない。例えば100個もシャリを握るとなると本職でも大変だけど、この「寿司職人」はくるくる回せば誰だって簡単に100個作れる。おもちゃなのだが侮れない。おもちゃだから孫だって競い合ってぐるぐる回すぞ。
この5000円、あなたが最近出費したモノのなかで一番元がとれるものと約束する。(ただし魚釣ってきてね)

 
 

あっさりとカワハギモードへ

いよいよカワハギシーズン。
今年はどこも盛況の様子。特に江ノ島沖(腰越沖)の釣果がすこぶる良い。
んで、初めて江ノ島近辺ってことで池田丸を予約した。安いのよ。今週末から500円値上げだけど、あたしらの場合、割引券持参で@5500円だ。アサリ2袋でも7500円。三浦半島より財布にやさしい。
また2012年には圏央道が開通予定。多摩地区~埼玉県南部からのアクセスが容易になる。土曜日の三浦半島での釣りだと、義兄の埼玉まで帰るのにR16経由で4時間以上かかる。圏央道なら1時間~2時間だろう。帰って、魚さばいて、風呂入って、寿司職人をぐるぐる回したって、まだ宵の口だ。早くコイコイ2012年。

急げ、池田丸よ!
2010kawahagi1.jpg

さて、釣りはといえばそこそ釣ったんじゃないの。
義兄夫婦は同時に。
2010kawahagi2.jpg

あたくしには29cm。
ふふっ。
2010kawahagi4.jpg

で、寿司職人をぐるぐる回して、喰って飲んでおしまい。
2010kawahagi5.jpg

そだ、釣りの状況など一席。
今回、10~20mの水深であることもあって、3m程度底を切ると鯖。で、2m程度で待ってたけど1匹釣れただけだった。あとは念仏鯛かな。基本は底。あまり叩かないほうがよろしい。早ければ餌が残るし、ゆっくりとだとつんつるてん。この間合いが把握できずに苦戦したのだが、お隣の方はゼロテンから誘い下げ、または叩き弛ませで結構釣っていたので、まねしてみた。
したら結構釣れたし型がよかったのであった。
よい子はいっぱい真似しようね。

 
 

やっちまた!脱輪だ。

やっちまった。
イブニングタイムはお化けがでるので、少しでも水線に近づきたいあたしだ。
お化けがでたらすぐに車に逃げ込める。ドアを閉めてロックしちまえばお化けだって入ってこれない。聞けば、新弟子もその方面に弱いらしい。
で、川沿いの舗装路を走っていたら水線に近づく「貧相な脇道」を見つけた。
貧相な道をしばらく走ると道が開けてすばらしい道が続いている・・・やがて貧相な道は舗装路に変わり・・・、んなわけないが。

でも入っちゃったわけね。お化けが怖いし。したら道は益々「貧相」になって、終いにゃ田んぼみたいになっちゃった。当然スタック。ボディが路面に接する位、タイヤが泥の中に埋まってる。でも、流石!!ラングラー、なんとか脱出したわけよ。(ふふっ、買ってよかったぁラングラー)、って感じでるんるん貧相な道をバックで戻ったわけ。

したらこれだ!!
路肩がえぐれていたのね。往きに気づいていたんだけど、スタックから無事帰還るんるん運転だったので、すっかり忘れてた。接地しているタイヤは2輪のみ。こりゃ無理だわ、脱出。
jeepstack1.jpg


その時のあたくしのココロ。
「がーん、ぐわぁーん、とほーいっ」て感じを表現すると下の写真。喉カラカラ。

でもラングラーくん曰く
「こんなことは想定済みです、ご主人様。自力での脱出は無理でがんすが、右後ろのドライブシャフトにロップ掛けてもらって、ちょいと引っ張ってもらえば、あとはなんとかするっす」とかつぶやいているようでしょ? でしょ? でしょしょ? でしょしょしょ?
コワレたのはあたしだ。
(ラングラー君のつぶやいた”ロップ”とは、米国南部地方のなまりで、ロープのことを言う。うそ)
jeepstack2.jpg

まぁそれからあたくしは集落幹線道路まで走り、めった来ない車を道路中央に飛び出て止めて、民宿まで送ってもらおうとあんだかんだ説明したのだがドライバーの反応がちょっと渋い。
常宿の「りゅーぞーくん」の名前を出したら快諾。彼は偉大だぁ。熊撃ちだからテッポウ持ってるし。
で、りゅーぞーくんちの四駆で、ラングラーくん指定の右ドライブシャフトに「ロップ」掛けたら一発で脱出できますた。
その日、イブニングやったら帰る予定でしたが、この件で「泣きのもう一泊」を新弟子に申し入れますた。
ご協力いただきましたみなさん、ごめんなさい。らんぐらーくん、ごめんなさい。ホント、すまねぇ。
 
 

泣きのもう一回

いや、なに、弟子がね、新弟子がね、もぉーいっかい釣りに行きたいと。
で、山形でちょいと気になる貧相な渓を目指した。実は先々週入れ食い状態だった渓もやったんだけど、これがさっぱり。
どーにもこーにも岩魚が家出してしまった様子だ。こういう状況を「ひ・な・みが悪い」というのだが、あんでだよ、といった理由はあとで考えよっと。

この渓も道路からみるとさっぱり水がない。はじめて入る貧相な渓である。ちよこっと行くと水が流れ始めて、もう少し我慢して歩くと意外に開けた渓に大変身する。ついこないだまで垢抜けない少女が、あるときぞっとするような女に変身してた、ってこととはぜんぜんちがう。
森はあと一ヶ月もすると錦に染まるのだろう。あと一ヶ月もすると、あの娘の頭髪も金髪に染まるのだろうか、ってことともぜんぜんちがうから。

yamagatafin1.jpg

木化け岩化け中の新弟子。いいじゃないね。狙っているポイントも良い。ただカーステングが、やっぱ。
オフはカースティングの特訓だな。竿だラインだなんてことはその次だ。
yamagatafin2.jpg


岩魚がぽつぽつと。上出来だ。
yamagatafin3.jpg

新弟子も釣ったぜ。いがったの。
ありがとね、喜んでくれて。でも秋風の秋の空のすばらしい渓を歩いて、一匹釣れれば不満であるわけないよな。
つーかしあわせだ。
yamagatafin4.jpg

樋状の流れがあったり、結構面白い。あなどれない渓だ。でも渓相の割には出が良くない。
この山塊一帯の流れが「ひ・な・みが悪い」と判断した。あんでだよ、って事についてはあとで考えることにするけど。
yamagatafin5.jpg

さらばアディオスバイバイマッサラームウンバムンガ、来年まで。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。